• TOPページ
  • >>
  • 防水工事
  • >>
  • 防水工事4種類を徹底比較!

防水工事4種類を徹底比較!

防水工事の工法主要4種類と耐用年数

防水工事には、大きく分けると4種類の種類があります。

  • ウレタン防水
  • シート防水
  • アスファルト防水
  • FRP防水

この種類の中に、さらにそれぞれの特徴を持つ防水工法があります。

おおよその価格や、寿命をご紹介します。ただし、広さや状況により工事費用が異なります。

【防水工事 種類別】価格と耐久年数表

防水工法耐用年数価格

ウレタン防水通気緩衝工法

13~15年程度
(5~10年毎にメンテナンスが必要)
5,500~6,500円

ウレタン防水密着工法

2~5年程度
(5~8年毎にメンテナンスが必要)
4,500~5,500円

塩ビシート防水機械固定法

15年~20年程度
(15年以上メンテナンスフリー
5,500~7,500円

塩ビシート防水

密着工法

10年~15年程度
(10年以上メンテナンスフリー
4,000~5,000円
ゴムシート防水
10年~15年程度
(5~8年毎にメンテナンスが必要)
4,000~5,000円
改質アスファルト
シート防水
15年~20年程度
(5~8年毎にメンテナンスが必要)
4,500~7,000円
FRP防水
10~15年程度
(6~7年毎にメンテナンスが必要)
5,000~7,000円

 

防水工法別にメリット・デメリットをまとめました。

防水工法メリットデメリット
ウレタン通気緩衝工法・補修が容易で、下地形状が複雑な部分にも対応可能
・継ぎ目のない均一な仕上がりになる
通気緩衝シートが、ふくれを防止し、下地の挙動を緩衝または、優れた耐久性を発揮
・防水層が軽量で建築物に負担をかけない
・コストが少し高い
・乾燥期間が各工程で必要なため工期が掛かる
・定期的(5~10年毎に)にトップコートをする必要がある
ウレタン防水密着工法

・コストが安い
・防水層が軽量で建築物に負担をかけない
・複雑な部位への使用が可能
・乾燥期間が各工程で必要なため工期が掛かる
・塗膜の均一性が難しい。
※均一になるようにメッシュシート(ガラス繊維)で補強する工法する場合有
・定期的(5~8年毎に)にトップコートをする必要がある
塩ビシート機械的固定工法・既存防水層がどんな防水層だったとしても上から被せられる
・撤去作業・残材処理・新規の下地作りや雨養生などのコストを低減できる(被せ工法の場合)
・雨などの気候に影響されず施工が出来るので工期短縮が可能
・ゴムシートより高価
・施工している間は、振動と騒音が発生する
・複雑な形状には採用しにくい
塩ビシート接着工法・ゴムシート防水に比べ優れた耐久性がある
・施工しやすく、軽量
・燃えにくい性質
・ゴムシートより高価
・複雑な形状には採用しにくい
ゴムシート接着工法・コストが安価
・伸縮性も高く耐候性にも優れる
・工事期間が短い
・複雑な形状には採用しにくい
・塩ビシートより耐候性が劣る
・施工者による精度のバラツキが生じる
改質アスファルト防水
トーチ工法
・既存のアスファルト防水の上にかぶせることができる
・溶かして接着するので、防水性は冷工法より高い
・アスファルトが溶けたときの匂いがする
・火を使うため室外機などがあると、工事できなかったり、できても、焦げたり溶けたり、燃え移ったりと危険
・定期的(5~8年毎に)にトップコートをする必要がある
改質アスファルト防水
冷工法(ガムクールなど)
・施工性が早く工期が短くなる
・火を使わずに、剥離紙をはがして接着するので、アスファルトが溶けたときの匂いがしない
・火を使用しないため室外機などが設置されていても、焦げたり溶けたりしない※1
・単価が高い
・剥離紙をはがして接着するので、溶かした時よりも、密着度が低い
・定期的(5~8年毎に)にトップコートをする必要がある
改質アスファルト防水
BANKS工法
・積層工法による高い水密性・信頼性
・臭いと煙のない作業環境がクリーンで安全
・寿命年数が長期
※20年~ほど
・小型の工具で施工可能となったため、コスト・工期共に軽減
・取扱いできる業者が少ない
・定期的(5~8年毎に)にトップコートをする必要がある
FRP防水・強度が大きく軽量、耐水性、耐熱性、耐久性に優れる
・均一な厚みで施工可能
・すぐに乾くので工程が短い
・トップコートのバリエーションが豊富
・コストが高い
・臭いが出る
・湿気や化学反応で硬化するため外気温に左右され易い

 

 

 

Copyright(c) 2021 北摂テック All Rights Reserved.