• TOPページ
  • >>
  • 塗装・防水工事
  • >>
  • 屋根工事関するお知らせ

塗装・防水工事の施工実例

屋根工事関するお知らせ

施工概要

施工内容
タスペーサーとは
屋根を塗料で塗り替える時に、屋根から垂れてきた塗料が、
屋根と屋根の間の隙間を塞いでしまうのを防止するための、画期的な道具です。
縁切りとは
薄型化粧スレート屋根(スレート瓦)、商品名で言うと
カラーベストやコロニアルの屋根の塗り替え時に必要な作業です。
どういうことをするかと言うと、
従来は塗装後の一枚一枚引っ付いた屋根をカッター等で切っていくという地道な作業でした。
カッターによる縁切り、タスペーサーによる縁切り
いずれにしても屋根と屋根の間に隙間を作る作業を行わないと雨漏りを起こします。
実は、屋根と屋根との間に隙間がない方が雨水の排出先がなくなるので危険なんです。
縁切りの効果

その1)雨漏りを防ぐ
縁切りをする最も大事な理由は雨漏りを防ぐためです。
雨水は・強風時・大雨など想定外の雨が降ったときには構造上屋根材の下にも入り込むものです。
ですから入った雨水をどうやって排出するかが重要です。
縁切りが必要な薄型化粧スレートの屋根材は表面に溝があり、
この溝は屋根材の下に雨水が侵入した際に排出します。

その2)内部結露を防ぐため
結露ができる仕組みをご存じでしょうか?
建物内の暖かい空気は上昇する性質があり、天井を通して屋根裏まで上昇します。
一方屋根は外気に晒されて特に冬季は寒さにさらされています。
屋根の内側が温まり、屋根外側が冷える…これにより結露が発生します。
縁切りで屋根に隙間を作らないと屋根裏で内部結露した水分がたまってしまい、
中の断熱材や木材を腐らせてしまうのです。

カッターによる縁切りの問題点
縁切りはこんなにも大事な作業ですが、実は行われていないことがかなり存在します。
理由は地道で手間がかかる作業であり、足場を解体したらわからなくなってしまうからです。
その他にも従来のカッターでの縁切りの問題点をあげると…。

屋根塗装の際にせっかく仕上げた塗装を傷つけ、屋根を汚してしまうことがある
何百枚もの屋根材に作業をするので手間も時間もかかる
時間と手間がかかる=お客様にとってもコストが上がることにつながる

つまり縁切りとは簡単な作業ではないのにリスクがある。
ですから大事な作業であるにもかかわらず見た目の変化がわからないため省略する業者が存在するのです。
タスペーサーを挿入することで屋根と屋根のとの間に隙間が確保されるため、
カッターによる縁切り作業をする必要がなくなります。
加えて、カッターによる縁切りよりもタスペーサーを挿入する方が時間がかからない
時間短縮=人件費という一番のコストも抑えられる
綺麗に塗装した上を汚すこともない

縁切りは屋根塗装の際に行う欠かせない工程だがカッターによる施工はリスクも多く手間もかかるので
省いてしまう業者がいる。カッターでの縁切りの問題点を解消したのが
「タスペーサー」であり、現在は縁切りの工程はタスペーサーで行うことが多い
以上のことから当社ではタスペーサーを推奨しておりますし、必ず施工を行います。

ご相談・見積もり無料! 現場のプロがご対応致します!!

090-1969-4812
メールでのご相談はコチラから
Copyright(c) 2020 北摂テック All Rights Reserved.